ニュースリリース

Office IoT 新サービス提供開始~IoTで業務を見直し、生産性を上げて、働き方改革!~

2019年04月03日

西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西井希伊、以下「西菱電機」)は、2019年4月3日より、個人情報配慮型 屋内位置情報ソリューション「Office IoT(オフィスIoT)」の完全クラウド版サービスの提供を開始いたします。Office IoTサービスでは、ビーコンと環境センサーを利用することで、パソコンやモバイルから、オフィスや施設内の従業員の居場所の確認や、環境データ(温度、湿度、CO2)の確認ができ、データを蓄積することで、業務の見直しに活用いただけます。

■Office IoT(完全クラウド版)でできること
パソコンやモバイルから以下のことができます。
✔会議室の使用状況が確認できます
✔オフィスや施設内の従業員の居場所を確認できます
✔オフィス、施設内、会議室内の環境データ(温度、湿度、CO2)を確認できます
✔従業員の居場所や環境データはCSV出力ができます

■Office IoTに期待できる効果
以下の効果が期待できます。
・会議室の利用状況を把握し、適正な会議時間を推奨することにより、コスト削減
・オフィス内の環境データを可視化することで、業務に集中できる快適な空間づくりを行なう

■Office IoTで提供されるもの
・機器(ビーコン、ゲートウェイ、環境センサー)
・オフィスIoTアプリケーション
-オフィス内の従業員の居場所表示
-会議室内の環境データの表示(温度、湿度、CO2)
-居場所や環境データのCSV出力
※画面レイアウトの変更や、機能追加などのカスタマイズも承ります
※初期費用および月額サービス料は個別にお問い合わせください

■「完全クラウド版」と「ハイブリッドクラウド版」の違い
Office IoTには、「完全クラウド版」と「ハイブリッドクラウド版」があります。お客様の要件に合わせて選択ができます。

■「Seiryo Business Platform(SBP)」とは
「Seiryo Business Platform(SBP)」では、「ITで仕事をポジティブに、そして生活を豊かに」をサービスコンセプトとして、業務効率化や生産性向上のためのサービスを提供しています。例えば、産業機械の稼働状況の可視化、圃場の環境の可視化、社内の屋内環境の可視化などのIoTサービスや、業務報告ツール「Check-in(チェックイン)」、IPトランシーバーアプリ「Transceiver(トランシーバー)」、インカムアプリ「Incom+(インカムプラス)」などのコミュニケーションサービスなどを提供しています。